gb_system01

ガレージバンドで音楽を作ろうと思ったら、まず初めに初期設定を行いましょう!

比較的操作が簡単なGaragebandですが、初期設定をしっかりと行ったうえで制作をすることで、作曲をよりスムーズに進めることができて、大変効率的です♪

ここでは、初期設定画面への入り方と、それぞれの解説を詳しく行ってまいります。

スポンサーリンク

Garageband:初期設定画面の立ち上げ

初期設定画面を開くには、以下の方法でおこなえます。

  • 楽器の画面を立ち上げる
  • 右上の歯車マーク→曲の設定をタップ

※楽器の画面の立ち上げ方がわからない方は、こちらの記事をご覧ください!

https://waonblog.com/garageband-instrument/

初期設定の解説

設定画面を開くと、全部で8つの項目があります。

これらをすべて理解すれば、早くもガレージバンド上級者!

以下を見てみて、必要そうなところだけ設定するでもいいので、かいつまんでみてみてください。

ガレージバンド初期設定画面

  • ①メトロノームとカウントイン
  • ②テンポ
  • ③拍子
  • ④キー
  • ⑤フェードアウト
  • ⑥ノートパッド
  • ⑦詳細
  • ⑧購入項目を復元

①メトロノームとカウントイン

曲の速さである「テンポ」の設定と、録音の際に予備小節を設けることができる「カウントイン」を設定することができます。

  • ①カウントイン:録音ボタンを押した際に、予備小節を設けてカウントを鳴らしてくれます。
  • ②ビジュアルカウントイン:カウントインの際、以下の画像のようなカウントを視覚的にも見せてくれます。
  • ③カウントの音色の設定:クリック(電子的な音)、ウッドブロック(木魚の音)、ハイハット(ドラムのハイハットの音)、リムショット(スネアドラムの固い音)
  • ④表示のみ:視覚的にカウントインをするのみになります
  • ⑤メトロノームの音量:カウントの音量を設定できます。

②テンポ

音楽の速さである「テンポ」(BPM)の設定ができます。

数値は「四分音符=」の値です。(1秒間に四分音符を何回鳴らすか)

①では、指でカウントをタップすることで、自動的に数値を割り出してくれます。

③拍子

音楽の拍子の設定ができます。

④キー

音楽のキー(調性)の設定ができます。

  • ①基音の設定
  • ②メジャーキー(長調)かマイナーキー(短調)かを選びます。
  • ③キーを変えると、今現在打ち込んでいるMIDI情報も移調されます。必要ない場合はオフにしましょう。

⑤フェードアウト

曲の最後の10秒間、自動的にフェードアウトをしてくれます。

録音中は、再現されません。

⑥ノートパッド

曲の文字情報を入力することができます。

⑦詳細

  • ①楽曲を録音する際、複数の楽器を同時に録音することができるようになります。
  • ②音の記録形式を、16ビットから、24ビットの高音質規格へ変更することができます。
  • ③ほかのアプリを画面上で表示した際にも、ガレージバンドが停止しないようになります
  • ④Bluetoothを利用した、MIDI楽器などを接続することができます。
  • ⑤MIDI機器を接続した際に、これをオンにすると、クロック情報が同期されます。

⑧ 購入項目を復元

既にガレージバンドを利用したことがあり、音源など購入をしていた場合、これを選択することで、購入情報を復元することができます。

スポンサーリンク

さあ、Garagebandで音楽を作ろう

情報を設定したら、早速音楽を作成してみましょう!

実際に楽器の打ち込み方なども解説するので、良ければ他記事もご覧ください♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

公式Twitterをフォロー♪

おすすめの記事